月の女神に抱かれて海をゆく


ヨットでの航海日記 と 日常の雑記、最近はサ-フィンもかじり始めました (ラーメン ブログ じゃないよ)
by artemis_ml25
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブックマーク
LaRochelle
本庄ヨットクラブ 紅豚さんのBLOG

************
ヨットが私の書斎
本庄ヨットクラブ 孫悟空さんのBLOG

*************
とまと杯

************
以前の記事
検索
最新のトラックバック
HELMⅢの専用桟橋作成..
from ヨットHELMⅢ しんの活動日記
本荘ヨットクラブ 秋のク..
from ヨットHELMⅢ しんの活動日記
トラックバック
from ヨットHELMⅢ しんの活動日記
ドック入り
from LaRochelleⅤ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


SKYMATE

d0117789_18493770.jpg

artemisには深測計、スピード計、はもちろん 電子コンパス、風向 風速計なんてものは装備していない。まぁレースするわけじゃないので、GPS魚探の付属機能での深測、対地空でのスピード、電子コンパス表示で十分補える。そう考えると、GPS魚探ってめっちゃ優れもの。あらためて惚れ直しました。働きものですね。
ただ、GPS衛星が風の無い宇宙を彷徨っているせいか、残念ながら、風に対してはまったく能力を持ち合わせていない。風向はWINDEXとスティーの風見リボンで確認している。(とはいえArtemisのWINDEXは風向の指標となる2つの羽のうち1つがゆがんでとれたままなので、それも怪しいです)
で、やっと今日の本題です。
風速を知りたくて、SKYMATEなるものを手にいれました。
カップ式ほど正確ではないが、なかなか面白いものだ。試しに車から外を測ると、最大で75ノット 時速40KMで走っただけでも風は相当受けるんだと感心。
今までは、白波が立ち始めたら8M〜10Mなんて適当に感覚で思っていたのだが、これで風の強さを測ることができる。なんたってこのブログが正確な記録を残せるブログに変身できる優れもののアイテムなのだ。
週末はSKYMATEが活躍できる?風が吹きますように・・・


ところで、単位に詳しい方がいましたら教えてください。
風の強さの単位で、MS  てのは 秒速メートル、KNTはノット までは理解できるんだけどMPH KPH FPM BFって何?
だいたい 温度も 摂氏 と 華氏があるのは小学校でならったけど、℃ と°Fでしか覚えていない。Celcius Fahrenheitってのは中学で習った? Centigradeって覚えていたんだけど? 科学用語ではCelcuiusなんですね。勉強になりました。
うーーん化学系の外資で働いて20年 なさけない。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-30 19:50 | yacht

桟橋

d0117789_16102644.jpg

桟橋から船へ乗り移るためにいろいろな方法をとられている。
製作途中のDIY浮き桟橋は、まるで、芸能人水泳大会で、水着のアイドルたちが、落としあいするフロートのような感覚でsる。(もっとも芸能人でない僕はそのフロートに乗ったことはないけれどね)
一番おおいのは、板をつかった桟橋。HELMの橋はおしゃれな絵入りである。
フロートだけのものもある。桟橋への船の衝突予防もかねている。
テンダーを使っているのはArtemis。

d0117789_163227100.jpg

[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-29 16:33 | yacht

船検

d0117789_15503983.jpg

今日は船検の日
1:10の予定なのだが、12:00前に桟橋に着き、エンジンをかけて、航海灯を点灯する。
ライフジャケットを10着、係船索2本、アンカー アンカーロープ、救命浮輪、小型船舶用信号紅炎2本、黒色球形形象物2個、黒色円すい形形象物、小型船舶用火せん2本、赤バケツ、音響信号器具、双眼鏡、ラジオ、コンパス、海図、工具をコックピットに並べて待つ。
検査官が来られ、確認し、簡単に終わる。

片付けが結構大変である。
小さな船はシートの下などにしまいこむのだが、スペースが少ない。
セイルの下にあるクッションのその下にある合板のフタ その下が収納スペースでsる。
まぁ 綺麗に片付いたのでよかった。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-29 16:09 | yacht

蚤の市

d0117789_21212877.jpg

天気予報は波浪注意報なのに、風が無い。天気は抜けるような青空。
で、護国神社の骨董蚤の市に出かけた。
出物はなかったが、チンドンヤのパフォーマンスがあり、おもしろかった。

d0117789_2134794.jpg
イエローハットにFMアンテナのコネクターを買う。昨日取り付けたカーステにはFMアンテナのコードが無かった。以前SongokuさんにFMアンテナはスタンションにつなげればOKだと教えていただいていたので、今回試すことにした。そのあと、さいころゲームに挑戦して、見事にTシャツをGET!!
なんかついています。


d0117789_21283248.jpg
夕方から桟橋へ。
気になっていたところの整備を行う。
マストのグループを閉じていたアルミの板がひしゃげてスライダーが出てしまっていたので、3点留めにする。
取り付けたとき気にはなっていたのだが、タップを切るのがいがいと面倒なので、2点ですませていたが、やはり風の力に両面テープでは持たなかった。(あたりまえか・・・)で3点留めに改善。これで大丈夫!!

d0117789_2130370.jpg
そのうち、山●さんが帰港された。今日は赤穂まで行かれていたそうだ。行動力には頭が下がる。山●さんにお手伝いいただき、スタンションの根元にFMのアンテナを取り付ける。これで、i podが聴けるようになった。山●さん ありがとうございました。





帰りがけに鷲●師匠が桟橋で何かしている。なんと、浮き桟橋を自作している。
さすが考えることが違う。ほんの少しお手伝いをして、帰りがけに
師匠:「もう帰るんか?時間あるか?」
小生:「良いですよ何かてrつだいましょうか?」
師匠:「コーヒーでも飲まへんか?」
小生:「ありがとうございます グルースフルメリーに行けばいいですか?」
師匠:「と言うても無いから缶コーヒー買ってくるわ」
小生:「それやったらArtemisでどうですか?」
ってなわけで、Artemisでコーヒーを飲みながら、師匠に強風の走らせ方を教えていただく。
真っ暗な中、ランタンの灯りで飲むコーヒーはおいしい。
師匠の薀蓄もなかなか楽しい。なんか速くなれそうな気がする。
「もう 歳やから 全部隠さず教えたる」そうで、詳しく解説いただいた。
師匠いわく、これで、また速くなるそうだ。 
そう ありたいものです。・・・・・・・・がんばります!!。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-28 21:49 | その他

Sun set Sailing

d0117789_20182925.jpg

今日は整備日と決めていた。何をするのか?って・・それはキャビンで良い音で音楽を聴けるようにすること。風が強くて弱腰になった僕は、半年前から設置しようと、船に積んだままであったスピーカー カーステを、取り付けることにした。スピーカーの位置は迷ったのだが、座席の足元。ここだと、荷物がこぼれ出るのを防ぐこともできるし、まさに一石二鳥。
配線を終え実際に鳴らしてみる。予想以上のボリュームと音質に大満足。
TOKIOの「宙船」を鳴らしながら、カップヌードルの遅い食事。
d0117789_20264076.jpg

そこにヒロがやってくる。
音楽を聴けるようにしようといつも言っていた張本人なのに、「めっちゃうるさい!!」だとか。
「良い風吹いているからでよ」って言われても おいおい 20ノットは軽く吹いているぞ。
時折のブローはマストに当たる風で船をヒールさせているよ。「だから出るんやん」
まぁいいか とセッティングをしながら「やめるんなら今のうちだぞ」と弱気な僕。
とにかく海にでる。
うん そこそこ吹いてるが危ないほどじゃない。フルメイン、ジェノアを展開する。
バックスティーをギンギンに引き、バングを効かして、カニンガムを引く
ヒロのティラー裁きがめちゃくちゃでヒールばかりして切り上がってまともに走らないので少し代わって走らせ方を見せてやる
「大学4年間ディンギーばっかり乗っていただけのことはあるやん」など生意気な口でほざくが、
少しまともに走るようになってきた。
セイルのカーブは斜めの皺が大きく入っている?
うん? アウトホールが抜けている。
やっぱりシステム組んで手元で引けるようにしよう。
うねりもなく静かな海面に強い風。
絶好のセイリング日和である。
これくらい吹いてくれると 鈍足のMYLADYもよく走る。
気持ちよく沖の赤ブイをまわって帰路につく。帰りも「宙船」を歌いながらのっセイリング
今日も夕日が綺麗な日でした。
うん!強風は楽しいですね。

反省:軽く考えてビブをはかなかったので、パンツまでびしょびしょ。
お尻を冷やしてしまいました。ぐっすん!
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-27 20:47 | yacht

ナンチャンラーメン  金沢ラーメン その9

d0117789_2095098.jpg

金沢 ラーメン 
手打ち麺のラーメン
細いきしめんのような平べったい腰のある麺。
なかなかの絶品である。
ビルの1階のなんでもない店構えのラーメン屋。初めてつれてきたもらったときに、「ここはおいしいよ」と聞かされたが店にはいって、おせじにも美味しそうな店構えではなく、町外れのどこにでもあるラーメン屋にしかみえなかった。
一口食べてからは ここの麺にはまってしまう人がいるのが解る。
だしを残すのがもったいないスープである。
美味しいものを文章で表現するのは難しい。
語彙も、表現力も乏しいことを思い知らされる。
なので、ぜひ 金沢に行かれた際には ご自身で味わってください。

d0117789_20293162.jpg

[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-24 20:38 | ラーメン

Day Sailing

d0117789_1915441.jpg

お昼に桟橋に着く。HELMⅢさんが、桟橋で、架板を調整していた。Artemisもテンダーをやめて渡板にしようかと思案中。海への落ち癖がついているので必要かな?
Songokuさんのお誘いで船を出す。
目的もなく適当に走らす。紅豚さんとのミートを試みるが、室津沖にいるとのこと。かなり遠く運まかせ。波暮鳥が沖で漂う。グルースフルメリーが機帆走で戻ってくる。五右衛門、ペルセウスが仲良くセイリングしている。その他数杯のヨットがでていた。最近 少し活気付いてきた。セイリングしている船が多くなってきた。港戻ってしばらくすると、紅豚さんも戻ってこられた。室津のとよこ は休業だったとのこと。また今度お誘いくださいね。


Songokuさん お誘いいただきありがとうございました。
いつもの30RからだとMyLadyはかったるいでしょうが、またご一緒してください。
写真はMIXIにUPしました。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-21 19:56 | yacht

太閤の湯


d0117789_2213286.jpg
今日は会社の創立記念日で仕事はおやすみのラッキーな日である。
でも残念ながらあいにくの雨模様。
それでも11月で切れる船検の申請のために、検査票と手帳を確認する目的で桟橋にいく。
雨の桟橋は静かでどこか悲しい。ぬれたマストからしずくがぽとっ ぽとっと落ちる。
明石にある検査機構で手続きをする。今度の受付の人は親切丁寧に教えてくれる。対応もよくなってきていて簡単におわる。あとは手数料の振込みをして再来週の検査を待つだけ。それと今回は沿岸も追加することにした。
これで和歌山も三重も高知も大丈夫・・・日本一周も可能?。。。もちろん腕の問題はクリアしてないですけど・・・。

d0117789_22211776.jpg


d0117789_2316885.jpg
一仕事?終えて、最近の疲れをとりたくて、有馬の太閤の湯にはいる。
最近 ねねの遊び湯 が出来たということで、気になっていた。平日限定チケットをチケットショップで購入。これだと、1000円で入れる。1000円が高いか安いかは ? だが、広くきれいなでゆったりはいれて、金の湯より、駐車場代もふくめると、安い。普通にお金を払うと2400円のところ、1000円だとかなりお得!!。まぁお風呂に使うお金としては貧乏人の僕には納得できるぎりぎりの値段であるが・・・。
岩盤浴、金銀の混合のお湯、銀泉、サウナ、岩清水、ハーブ湯、そしてお目当ての ねねの遊び湯 珍しい炭酸泉 泡がじゅわーっと体の触れたところからでてくる。
お湯の中からライトで緑に水を照らし、おしゃれな演出も効いている。
あいにくの雨のためか 広い湯船に1人で貸切状態。
でも 案内版を読むと、天然ではないそうだ。有馬の炭酸泉を忠実に再現した人工の炭酸泉とのこと。 少しがっくり でも体はゆっくりできたし、気持ちいいのは確かである。サイダーの中に体をひたしたら、最後は体の中にサイダーをいれることに。
有馬サイダーは絶品!!めっちゃうまい!!お勧めです。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-19 23:16 | その他

おそまきながらレース報告

ここのところめちゃくちゃ忙しい。
日曜日のレースのUPすらできてないまま火曜日になってしまった。
このままでは忘れてしまう。あわてて記憶を辿る。

先週は睡眠時間を削ってしまったせいで、土曜日は爆睡。
予定では船底掃除のはずだったのに、まったく起きることもできない。
お家のベットで『うーーん船の底の藤壷が・・・』とうなされる。

そしていよいよ決戦の日曜日を迎えた。とりあえずの目標は、難儀萬より上位。
でもとにかく眠い。
体は船よりベットを選んで、精神との駆け引きを演じている。
無理矢理付き合わされたスペシャルクルーも寝ぼけ眼。
それでも、気持ちだけで、どうにか桟橋にたどり着いたら、そこはいつもと違う賑わい。
この光景は心がはやる。
出艇申告をすませ、出航する。  が、・・・・
うんっ?船が予定と反対に流れる? 
BOYAのラインに絡まって出れない。流される・・・・ぅ。
あかん! 動きがとれない。。
と やっと舫から解放されたものも 舵がきかず 危うくボートに激突する寸前で、バックが効いた。めっちゃやべぇーー。
なんかいつもレースのときに出航でへまをする。
そういや、2年前も、難儀萬さんと2人ででたときもとなりの舫をまきこんだ。あおのときは、あっと言う間に難儀萬さんは、裸になって海に飛び込んだんだったっけ。あのときはそれなりにかっこ良く見えたのに・・・
なんとかスタートラインにたどり着く。
プロパーコースをスピンで走るか?ジェネカーでスケーティングするか?迷いながらそのままスタート。とりあえず、ジェノアがはらむぎりぎりまで落としてスペシャルクルーにティラーを『真っ直ぐに!!』と渡す。
この『真っ直ぐ』がくせ者だった。
受け取ったスペシャルクルーは頑に言いつけを守って受け取ったティラーを動かさないように真っ直ぐ持ち続けて船はヒールでウェザーがかかり、切り上がっていく。
ティラーを引くように言うと、今度は、端いっぱいまで引いてワイルドジャイブしそうになる。
気がつけば、難儀萬、ペルセウスは遥か彼方・・・えぅ!先まで前 走っていたのに・・・
風は振れて、ジェネカーでは走れない。仕方なく、スピンポールでジェネカーをスピンのようにしてはらます。これがけっこう走る。なかなか良いアイデア。システムを組めば、ショートハンドの良い武器になるかも。
マークを回るころには、メリネプより後ろ。
うーーん こんなはずは・・・
気を取り直してクロスを走る。まずは、難儀萬。
途中、五右衛門より『難儀萬をいわしておいてください』とのエールをもらって、やる気が出てくる。
必死に振れる風にティラーとメインをあわせる。まるで、ディンギーのトリム。
タックを何度かするうちに、スペシャルクルーも要領を覚え、船の止まっている時間が短くなっていく。
そして ついに、難儀萬、風童をとらえる。
でも哀しいかな、微風では、30F とかM242とかとは絶対スピードが違う。
ヒールさせるために下に体をもってくる。
我がスペシャルクルーはヒールを起こそうと上で体を外にもっていっている。
なにやってんだろう?
ますます風が落ちてくる。
そしてついに スペシャルクルーはうとうとと眠ってしまった。
またも、難儀萬に抜き返され、風童にも前に出られる。
そのまま 漂うようにラインを越えてレースは終わった。

反省点。
 難儀萬にムキになりすぎて、スペシャルクルーを楽しませるという当初の目的をすっかり忘れてしまった。

風は触れ回って、難しいレースでしたけど楽しい1日でした。
お世話いただいた皆様 ありがとうございました。
また お誘いください。

今日は写真撮る暇なかったので、文章のみで失礼します。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-16 20:46 | yacht

味仙  名古屋ラーメン その8

d0117789_3102048.jpg

ついに行ってきました。
名古屋を代表する?台湾ラーメン。

ご当地ラーメンには、例えば、尾道ラーメンのように その土地の名前がつくのが、普通ですが、名古屋は名古屋ラーメンなるものがありません。
そのかわり台湾ラーメンなるものが存在します。ちなみに台湾には台湾ラーメンはないそうです。

でその中でも有名な味仙にいってきました。
すごいニンニク
唐辛子
めっちゃ臭い
体から匂いが立ちこめる

とにかく辛い
舌が痛い

たぶん 明日は下も痛いと思う

元気になるか、体が負けるかのどっちかだね。
でも女性にはすごく人気があるのは?です。
[PR]

by artemis_ml25 | 2007-10-12 03:15 | ラーメン